So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

南極みやげ?の定番も「こけし」? [置物・フィギュア]

ちょっと昔の旅行のお土産と言えば、いくつかの定番がありました。
食べ物以外では、ペナント(三角形の壁に張るもの)、通行手形、そして「こけし」。
温泉と言えばこけしが定番のお土産でした。
そんなこけしの中にもペンギンものがあります。
IMG_4267s.JPG

左のこけしは「南極探検」と書いてあります。南極観測ではなく南極探検とあるのは時代を感じますね。
真ん中と右はおそらく同じメーカーのものかもしれません。顔の表情や蝶ネクタイが違いますが、基本的には同じパーツのようです。
真ん中は「昭和基地」とあり、右は「江の島」と書いてあります。
昭和基地のお土産品なわけはないでしょうが、はたして「昭和基地」のお土産は実際はどこで売られていたものか興味があります。

ちなみに、毎年「変わりびな」と言うのが発表されています。東京の真多呂人形というところが発表していてその年の話題をひな人形にしています。
昭和31年は「南極観測雛」という題で、宗谷をバックに2匹のペンギンの人形です。
残念ながら非売品らしく、真多呂人形さんだけが持っているのでしょう。
以前テレビで放送されていた時の画像を持っていますが、レプリカを発売して欲しいものです。





タキシードサムの電話 [タキシードサム]

ペンギンのキャラクターとして有名なものはいくつかありますが、タキシードサム(TUXEDOSAM)もサンリオの代表的なキャラクターの一つです。
当然数々のグッズが存在しています。
ノートや鉛筆などの文房具から実用品の時計・電話・扇風機・電気ポットまで幅広くあります。
今回紹介するのは電話です。

img032.JPG

もちろん実際に使えます。
電話にタキシードサムの絵が描いてあるのではなく、電話の形自体がタキシードサムというところがいいですね。
しかも、帽子を開けるとボタンがあったり、受話器も組み込まれているなど、なかなか凝ったつくりです。
ブルーとピンクがありますが、これはほかのタキシードサムの商品でもこの2種類の色の物があったりします。

でも、結構な大きさがあるので、保管場所が大変です。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。